www.draftsarakyle.com
新聞のチラシ、スポーツ紙、街中に見かけるチラシやダイレクトメールなどで「多重負債の整理やります」「借金を統合しましょう」などといった売り文句を目に入れることがよくあります。「整頓業者」「買取業者」「紹介者」と呼ばれている企業の広告のケースが存在します。それらを利用した場合には破産申請の流れの中で一番大切な免責認定を受けられない危険もありえます。「整理業者」の場合チラシなどで借金を抱える人は寄せ集め法外な依頼料を出させて整理をやりますが、現実には借金整頓は行われないまま、債務人はさらなる債務地獄に堕ちてしまうことが9割方と言えます。「買取業」というのは、借金者の分割払いで電化用品、飛行機の利用券を大量に購入させて、依頼者からその品目を買った値段の30%もしくは40%で買い直すというやり方を使っています。負債者はそのときは金が手に入れられますが、いずれクレジット会社経由で購入物の定額の督促がくることになり、結局は負債を上乗せする結果になります。このケースではクレジットカード業者に対する詐欺に当たるとして免責判定を手に入れられません。「紹介屋」の場合は大口のサラリーマン金融から拒絶された負債人に関して業者としては融資はせずに、提供をしてくれる異なる貸し手を教え、常識外の費用を要求する業種です。紹介業者は自分の苦労で融資が受けられたというふうに説明しますが現実には何もしていなくて、シンプルに選考の緩やかな業者を教えているだけです。このケースも負債額を増加させる結末となります。