www.draftsarakyle.com
自動車重量税、通称重量税は、国内メーカーの自動車もしくは外国の車というような自動車の生産している国やエコカー、クーペというような車の形も全て同じでたとえばニッサンやジャガー、等でも通常負担をしなくてはいけない税金のことをいいます。新車を登録するさい、または車検を受ける際に納付する税金なのです。この支払額はクルマの車重により定められています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べると全然異なるものですから、基礎となる税金を理解して一緒にしないようにしてください。「自動車重量税というものは自動車の重量により」「自動車税という税金は車の排気量毎に」税額が変わってきます。それにより買い取りの時の対応も異なってきますので注意しましょう。クルマの買い取りのときには支払った自動車の重量税がいくら残っていた場合でも、その額が還ってくるようなことはないですが、一方自動車税であれば支払い済みの残存税額を売却額に乗せてくれることがあるものの、重量税の時は上乗せになるような場合は全然ないのです。重量税の場合は、車を手放すときに納付済みの額が残存しているとはいえ中古車専門業者側でそのことが考慮されることはほとんどないと思います。なのでその次の支払いつまり次回の車検まで売却を保留し買い取りを依頼するということがベターと思います。中古車の買取の時は考慮してもらえないのが重量税ですが特定のケースでしたら戻ってくる可能性があります。このケースは、車検期間が残っている廃車処理する場合。要は、抹消登録をした場合残っている車検期間に応じた額が還付されます。しかし自動車の引き取りの時はその自動車が廃車になるのとは違って還付されません。それからクルマの名義変更をしてしまった時や盗難された際も返金してもらうことはできません。重量税の残っている期間がある愛車を売却することは、要は車検がまだある中古車です。それを買取店も配慮しますので、重量税の期間が残っていれば、少しは査定額があがると思います。当たり前ですが買取金額は業者によって異なりますが車検の効力がまだあるということが忖度されれば、手放す車の買取額からみるとあまり払い損ということもありません。