www.draftsarakyle.com
受領したレシートの保存義務はあるのだろうか?。結論についてまず申し上げると保管する義務は特段ありません。個々で所持することにより自身が使用した痕跡を保管しておきたいと考える際捨てなければいいのですし、そういった痕跡は無くても問題ないというのであれば保存する必要性はないです。だが毎月郵送される使用明細書との照合作業の時には絶対こういったレシートが不可欠。明細レシートをその時までは少なくとも保持していなければ、いつどれだけ決済したか?がわからなくなるだけではなく、誤請求や重複した請求に関しての確認すら不可能になってしまうため気をつける必要があります。特にカードを決済した金額は利用レシートを保管していない限りは覚えていないはずです。できれば使用履歴が手元に届く1ヶ月・2ヶ月くらいはしっかりと保存するようにするべきである。利用レシート処分方法)クレジットカードのレシート破棄の手段はとても簡単なのです。不正使用されないよう小さく裁断して捨てるだけです。自宅用機械等が自宅に置いてある際には念のため使うのもありでしょう。なんと言ってもクレカの利用履歴を証する利用レシートであるため、No等個人の情報について判別されるものがたくさん書かれています。ゴミ同然の明細レシートと軽視せず、処分は注意して行うようにして欲しい。尚、今では安全対策のためレシートにカードナンバーなどの個人情報が表記されていない場合もあるが、過度な安心は禁物と考えます。