www.draftsarakyle.com
破産手続きの際に自分の借金に対し保証する人が存在する場合は早い段階で連絡をしておいたほうがいいでしょう。ここにおいて、強調したいのですが、保証人となる人物がいるときは破産申告以前に前もって検討しなければなりません。その理由はあなたが自己破産をして受理されれば保証人がみなさんの義務をいっさいがっさい支払う義務があるからです。ですので、破産申告前に保証人になってくれた人に、今までの内容とか現在の状況を報告し謝罪をしておかなければなりません。これは保証人になるひとの立場で考えると求められることです。あなた自身が破産手続きをすることによってとたんに何百万円もの負債が生じるのですから。以後の保証人である人の取れる手順は4つになります。一つめは保証人である人が「みな返金する」ことです。あなたの保証人がその何百万ものカネを問題なく返金できるといったようなお金を持っているならば、これが選択できるでしょう。でもその場合あなたが破産せずに保証人となる人に立て替えをお願いして、保証人となる人に返済するという形も取れると思われます。もし保証人があなたと関係が親しいのであれば少しは完済期間を長くしてもらうことも可能かもしれません。たとえ耳をそろえて返金不可能だとしても、業者も相談で分割払いに応じるかもしれません。保証人に自己破産を実行されると借金がなにも戻ってこないことになるからです。保証してくれる人が債務者の借金を代わりに支払う経済力がないなら借金したまた同様にどれかの負債の整理を選択しなけばなりません。続いてが「任意整理」によって処理することです。この方法は貸金業者と話す方法で5年ほどの期間内で返済していく方法になります。実際に弁護士にお願いするときの相場は1社ごとにだいたい4万円。全部で7社から債務があれば約28万円かかることになります。確かに相手方との示談は自ら行うことも不可能ではないですが法的な知識のない素人の場合向こう側が自分たちにとって有利な内容を投げてくるので気を付けなければなりません。それと、任意整理で処理するということはその保証人にお金を負担してもらうことを意味するわけですから、あなたもちょっとずつでも保証してくれた人に返していく必要があるでしょう。3つめですがその保証人も債権者と同様「破産手続きをする」という選択肢です。保証人となっている人も債権者と同じように破産手続きをすれば保証人となる人の責任も消えてしまいます。ただし、あなたの保証人がマンション等を持っている場合はそういった財産を失いますし、証券会社の役員等の業務に従事している場合影響を受けます。次の個人再生を活用するといいでしょう。最後の方法の4つめの方法は、「個人再生という制度を利用する」こともできます。住宅等の不動産を手元に残しつつ債務の整理を行う場合や、自己破産手続きでは影響が出るお仕事にたずさわっている場合に利用できるのが個人再生による処理です。この手段なら、自宅は残りますし、自己破産のような職種にかかる制限、資格に影響を与える制限がありません。